隣の芝生は青くない

MR転職,MR求人

転職したら、

・給料があがる。

・希望の領域に行ける。

・希望の勤務地が叶う。

・豊富な新薬パイプラインがある。

・数字の詰めが厳しくない環境がある。

と(勝手に)思いがち。

 

でもそんな希望ばかり叶う環境がこのご時世あるわけもなし。

「隣の芝生は青くない」のです。

最近、皆様から
「どこが一番良いメーカーなのですか?」
と聞かれることが多いのですが。

「どこも楽なメーカーはありませんよ。」と答えるようにしています。

 

どうも皆様の求めている環境というのは

・給与がそこそこ高く、福利厚生が充実している。

・希望の初任地が叶う。

・新薬パイプラインが充実している。

・欧州と日本の社風を掛け合わせたような社風。

・数字の詰めが厳しくない会社。

・症例ベースでのMR活動が出来る会社(領域)。

を総合して持ち合わせている会社のようです。

そんな企業は・・・ないです・・・。

 

そのご要望に近しいメーカーとして、中外製薬、ベーリンガー、バイエルというメーカーをイメージしている方が多いようですね。

つい最近のことですが、中外製薬のMR求人があった際、物凄い数の応募があったと聞いています。

まさに今の時世を反映した応募の集まり具合ですね。

 

誰もが、そのような企業に転職出来るわけではなく、

現職で高い実績を出していることが大前提です。

しかも、勤務地はピンポイントでなど叶いません。

しかも、若手のMRの方でないと厳しいでしょう。

しかも、転職回数も0~1回の方でないと厳しいでしょう。

 

青❝そう❞に見える隣の芝生に行くのも一苦労です。

青そうに見えるのであって、どこも決して青くはないはずです。

青い芝サーチでの転職であれば、現職に留まることをお勧めします。

 

以上、本日のコラムでした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。