書類選考合格者だけで100名も!!メーカーMR求人には応募殺到!!

 

昨今、MRの需給バランスが崩壊し、MR求人の少なさが顕著になっていますが、

本日はその傾向を如実に表す話を一つさせて頂きます。

それは、求人の「競争倍率」についてです。

 

皆さんは、募集1名枠に対してどのくらいの応募があると思いますか?

1名募集に対して、5名?10名?15名くらいの応募でしょうか。

いえいえ、もっと多くの競争倍率になっているのが今の現実です。

競争倍率40倍ッ?!

先日募集のあった某製薬メーカーのMR求人ですが。なんと、1名の募集枠に40名程度の応募があったとのこと。
もちろん、ある程度、要件を絞った上での母集団としての40名応募です。なんと40倍ということですね!
MR
40倍ですか。。。受かる自信がなくなりそうです。。。
びっくりですよね。でもこれが現実です。
製薬メーカーのMR求人には皆さんが想像する以上の人数の応募があるということですね。
この倍率を勝ち抜いて初めて内定に至る訳ですので、職務経歴書の作成段階から丁寧に準備し、面接に際しても十分な準備が必要になります。
1名だけが合格で、残り39名が不合格になるのですから、熾烈な戦いに勝利しないとです。

 

書類選考合格者だけでなんと“100名”超えッ?!

直近の例をもう一つ挙げると、
書類選考合格者だけで“100名”を超えている製薬メーカーもあります。
もちろん募集人数は1名ではなくやや募集枠自体はあるのですが、それでも書類選考を合格者だけでなんと“100名超え”ですよ。さらに募集は続いており、まだまだ書類選考合格者数は増えることが予想されます。
MR
100名ですか。。。そしてまだまだ書類合格者は増えるのですよね。。。ひぇー。
仮に20名程度の募集枠があったとしても、最終的に書類選考合格者150名くらいにはなってしまうはずです。
となると、単純に合格20名、不合格130名という図式になります。
最終合格するには、残り130名に入らぬように競争に勝たねばなりません。そのためには何をすべきか、面接で何をPRすべきかをお考え下さい。
給与アップ希望、勤務地を限定しての希望などどこまで主張すべきか必然的に分かるのではないでしょうか。

 

このように、現在、製薬メーカーのMR求人には非常に多くの応募者が集まります。

それは2倍、3倍という倍率ではありません。

しかもそれが人気の製薬メーカーや人気のオンコロジー領域などの場合、

とんでもない倍率に跳ね上がるときさえ有り得るのです。

 

それを頭に入れて、丁寧に職務経歴書を作成することから始まり、

面接に臨むに際しても十分な面接対策などをすることが内定への秘訣です。

 

また、

ご自身が絶対的なアドバンテージを持っているという自負があるなら別ですが、

どこまで希望条件を主張するのか、特に勤務地の希望については注意が必要で、

希望を主張することは自由ですが、この高競争倍率の中で自分がそれを言って

他候補者を押しのけてまで内定を勝ち取れるのかを熟考する必要が有ります。

 

以上、本日は昨今の競争倍率事情についてのお話でした。

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」