もう一人の自分を作ってものごとをみると 楽になりますよ

仕事始めは今年の予算の原案作り

会社からのトップダウンの予算は天文学的(おおげさ?)な数字

要はどう逆立ちしても達成できないという事

あるMRは叫びます  「やる気でないよ〜」

 

こんな時 心理学では 客観視できるように もう一人の自分を作り 目の前の事象を ただの事実として捉えます

「予算高いと思ってできないと言ってるのは誰?」「自分」

「もし この予算達成できない時 最悪の事態が起こるとしたら何?」「命までとられないよね」

「予算できなくて悔しい 評価が悪くなる 上司に何か言われるかも?」「そもそも予算が高すぎるのはみんな知っているし怖くはないよね」

ポイントは 自分に降り掛かってくる利害や感情を考えて それを取り除くとどうなるのかを考えてみる

そこで

「予算高いな どうすればできるのかな まあやれるだけやればいいし ただの数字だし。。。」ただそれだけのこと

モチベーションも落ちないし 気持ちの切り替えもできますよ

まだ2015年が始まったばかりです やる気だしていきましょう

明るく元気に!と言いたいです!

 

質問:どんな場面でやる気を無くしますか?

 

 

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。