CSO企業の企業名はここ10年で随分と様変わり。

 

今でこそコントラクトMR(CSO企業)は標準化され認知度も増していますが、

一昔前までは、「CSO企業…?」というような世情も漂っていました。

今昔物語、10年ほど前では、今と異なる名前のCSO企業も多く、

当時の名前を知らない世代も出てきているのではないでしょうか。

CSO企業の名前、今昔物語

CSO企業の企業名のここ10年での様変わりを見れば製薬業界の動きが活発なのも頷けます。
MR
私も異業種からコントラクトMRになりましたが、当時(10年前)とは全く異なりますよね。
■イノベックス → クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン → IQVIAサービシーズ ジャパン
■シミックエムピーエスエス → シミック・アッシュフィールド
■アポプラスステーション
■インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン → サイネオス・ヘルス・コマーシャル
■ファーマネットワーク → EPファーマライン
■アプシェ → ACメディカル
■IML → BIメディカル
■メディサイエンスプラニング → エムスリーマーケティング
MR
懐かしい企業名が挙がっていますねぇ。
人事
イノベックス…???
こう見ると、随分と様変わりしましたね!

 

全CSO企業ともに変化したこの10年

MR
アポプラス社だけは変更していませんね。
実は、アポプラスステーション社も親会社が変わっており(現在はクオールグループの傘下)、実質上、全てのCSO企業が合併・統合・親会社変更などにより社名変更した事になります。
MR
全CSO企業ともにここ10年でここまで変遷がありましたかぁ。やはり製薬業界の変化とともに動きが出たのでしょうね。
ここ最近ではさらに製薬業界を取り巻く環境も変化しており、次の10年ではどのように変わっているのか…気になりますね。

 

生き残るCSO企業は4社!?と予想

CSO企業も勝ち組、負け組と2極化が進んでいると見ており、10年後にはまた大幅に業界変動が起きているのではと予測しています。
MR
どの企業が生き残ると思われますか?
人事
やっぱり、最大手は残りますよね???
それはここでは秘密です!!申し訳ない。

 

私の予想の答え合わせは、10年後の2028年ですね!

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」