◯◯◯製薬で所長職をしていた!と誇らしげに言われましても…。

 

最近は、大手製薬メーカーが早期退職を盛んに実施しているせいか、

「◯◯◯製薬で所長をしていた!」

「◯◯◯薬品で支店長をしていた!」

という50代の方々からの転職相談も増えて来ています。

 

しかも、その口ぶりからすると、

どこかしら自信をのぞかせるニュアンスがあります。

「私は大手◯◯◯製薬で所長職をしていたので、少し規模は小さくなってもどこか製薬メーカーのマネジメントの職はないだろうか?」

という具合です。

 

50代でメーカー所長…、

正直、一番転職市場では、要らない層になってしまいます。。。

 

50代の所長経験者を求める求人は皆無

MR
大手内資◯◯◯製薬で長年所長職を歴任して来たのだが、早期退職で転職活動をすることになったのだが。どこかいいところはないかな?
ご経歴としては立派なのですが…、50代となると…。うーん…。
MR
厳しいのは重々承知だが、少し規模は小さくなってもどこか製薬メーカーのマネジメントの職はないだろうか?人財育成やエリアマネジメントの経験は豊富だから、そういう経験を買ってくれるところはあるはず。
ないですね…。各製薬メーカーの所長さんの年齢も30代後半から40代前半と若返っていますし…。どのメーカーも管理職は残念ながら不要という風潮です…。
MR
ジェネリックメーカーでもないのか?
はい…、ないですね。残念ですが…。
いちプレイヤーであっても年齢的に難しいと思われます。

 

コントラクトMRであっても難しい。

MR
メーカーでなくとも、コントラクト(CSO企業)のマネージャーはどうだ?所長経験を生かして、人財育成も出来るぞ!
コントラクトMR(CSO企業)は派遣ビジネスであり、利益を産まない管理職を外部から採ることはこのご時世少ないです…。
さらに言えば、いちコントラクトMRとしても50代となると、外部採用で雇用されるのは狭き門となります。しかも年齢的に契約社員雇用になりますので、1年で終了してしまうことも大いにあり得ます。。。
MR
そ、それほど厳しいとは…。甘く考えていたなぁ…。
これから60歳までどうすればいいのだろうか…?!

 

この類の話は本当にここ数年増えています。

20年、30年振りに転職活動をするという50代の方もいらっしゃるでしょう。

まさに浦島太郎状態です。

まさかここまでMR転職市場が冷え込んでいるとは思って見なかった。

話には聞いていたが…、というのが率直な感想でしょう。

一生MRという職でいられるのかも不確かな世の中、

ご自身のキャリアを客観視して転職コンサルタントにご相談して下さい。

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」