「女性歓迎」要件は女性歓迎なのか、女性のみを意味しているのか?!

 

求人票の文言を見ていると、

「女性歓迎」

という2文字を目にすることがありますよね。

 

これは、読んで字の如く、

「女性は歓迎しますよ!」ということを意味するのか、

はたまた、

「女性のみってことですよ!」ということを暗示しているのか。

 

「女性歓迎」の意味するところ

応募要件でよく見かけるのは、
・MR経験2年以上
・新薬経験
・大学、基幹病院担当経験者
・女性歓迎
という記載です。
MR
女性歓迎ってことは、私は歓迎されているってことですね!
最近は、ダイバーシティ採用や女性社員比率向上を目指す企業が多く、女性歓迎という流れが顕著ですね。
MR
この流れに乗って、書類選考通過して欲しいです!!
MR
「女性歓迎」の記載がある場合、男性はやはり難しいのでしょうか…?

 

男性も可の場合と、女性のみの場合もある

実際のところ、「女性歓迎」との記載がある場合、
①女性のみを求めているという意味
②男性より女性を歓迎しているという意味
③男性は求めていないという意味
のパターンがあります。
これは企業によってケースバイケースですので、分かりづらいですよね。
MR
そのパターンを見分けるコツはありますか?応募する方としてはそもそも男性不可であれば無意味になってしまいますので。。。
求人票の文言の中で、
・女性歓迎
・女性の方が活躍しています!
のような“女性が欲しい”というニュアンスの強いものは女性のみの可能性が大です。
MR
なるほど・・・。
文言が読み取れるニュアンスが鍵になりそうですね。

 

現状のMR転職市場を見ると、

やはりダイバーシティや女性社員比率の増加を謳う企業が多く、

男性より女性を歓迎しているという意味

で「女性歓迎」という文言を記載している企業が多いイメージがあります。

 

ただし、かなり女性を優遇しているなぁと思える企業もあり、

そうなると、現実的には「ほぼ女性のみ」を意味しているに近くなります。

 

女性歓迎の要件文言の記載があれば、

何らかしらの女性優遇施策があるはずですので、

・女性にとってはチャンス到来!

・男性としては実力勝負!

となります。

 

いずれにしても、企業担当のエージェントは実際のところを知っていますので、

その担当者に実際のところを聞くのが早いでしょう。

 

製薬業界では、女性優遇の時代。

何だか最近ニュースを賑わす医学部受験の男性優遇施策の真逆の状況ですね。

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」