会社解散 -これからどうする?転職できるの?-

 

2018年7月27日付けにて発表になりましたが、

富士フィルムファーマ株式会社が会社解散を発表しました。

http://ffp.fujifilm.co.jp/information/articlenr_0003.html

会社解散ということは、会社が無くなることを意味しますので、

所属するMRは転職を余儀なくされます。

しかし、この厳しいMR転職市場において転職自体が叶うのでしょうか?

 

富士フィルムファーマ社からの転職

今の厳しいMR転職市場の中で、次が順調に見つかるのであろうか…。
MR数は約140人とのことですが、その内の何名がMRとして転職出来るのか疑問ですね。
MR
再就職支援はあるようですが…。
40代半ば、50代のMRに次があるのかは…。
20代、30代のMRであれば何とか次が決まるでしょうが。それでも、新薬経験必須の製薬メーカーへ転職を希望しても、キャリア的に書類選考で不合格になる確率が高いですね。
20代、30代でもこの状況ですので、40代、50代はさらに厳しくなります。
特に、同社の場合、若手よりも40代、50代のMRの方が多い印象があり、次の転職先がそう簡単には見つからないでしょう。
20代、30代であれば、
①コントラクトMR
②中小製薬メーカー
③医療機器メーカー
これらのパターンが考えられますが、おおよそ①パターンになるでしょうね。
本人が製薬メーカーを希望すれば、別ですが、先程申し上げたように大手先発メーカーへはキャリア的に厳しいはず。
となると、中小製薬メーカーもしくは、あくまで「メーカー」ということで医療機器メーカーを選ぶかでしょう。

 

40代、50代のMRはどうなるのか…!?

MR
40代、50代のMRはどうなるのでしょうか?再就職支援があるようですが、次の転職先が見つかるのやら…。
今のMR転職市場は非常に厳しく、40代、50代のMRをウェルカム感で迎える企業はないでしょう。
MR
ジェネリックメーカーやコントラクトMRであっても難しいでしょうか?
ジェネリックメーカーであっても、20代、30代前半でないと難しいでしょう。ギリギリ40代前半までではないでしょうか。
コントラクトMRであっても、40代前半までなら可能性はあります。ただし、45歳を過ぎると契約社員雇用が前提であったり、そもそもその年齢層を欲していない、という事もありいずれにせよ厳しい現実があります。
MR
このまま60歳まで何とか過ごせると思って転職したものの、まさかこのような状況に陥るとは……。

 

年齢やこれまでのキャリアによって違いはあれど、おそらく上記のようになります。

20代、30代であれば、贅沢を言わねば、何とかなるでしょう。

しかし、40代(40代後半)、50代となるとMRとしての再就職自体が簡単ではありません。

 

40代からのMRとしての転職市場は非常に限られていますので、

転職の際は、短期的ではなく、中長期的にみてお考えください。

また、今後の人生の中で、早期退職や予期せぬ転職を余儀なくされる事もあるでしょう。

その時に備えた経済的な備蓄や第2のキャリアプランも考えて置くのが得策です。

備えあれば憂いなしです。

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」