今のご時世プライマリー領域経験のみでは転職は厳しい!




 

MR求人を転職サイトで見渡せば、

・オンコロジー領域経験必須

・免疫領域経験者

・バイオ製剤担当経験者

・糖尿病領域経験者

など、領域経験を要求する求人ばかり。

 

では、これらの経験がないMRはどうすればいいのか?

例えば、降圧剤や高脂血症治療薬の経験しかない方はどうすればいいのか?

仮に、30歳・新卒から外資製薬メーカー1社・プライマリー領域の方を想定した場合。

 

30歳・新卒から外資製薬メーカー1社・プライマリー領域経験のみ
MR
転職を考えているのですが、オンコロジーや免疫経験を要求される求人が多くて困っています、、、。
そうですね、今のMR転職市場では、
・オンコロジー領域経験
・免疫(バイオ製剤)領域経験
・スペシャリティ経験(CNS、オーファン)領域経験
もしくは
・糖尿病領域経験
がないと転職がかなり厳しくなっています。
MR
しかも、開業医と中小病院(200床クラス)の担当がメインであり、基幹病院・大学病院担当経験もないため、転職の際の武器がないです、、、。
そうなると、スペシャリティ領域へのチャレンジは一足飛びには叶いにくいです。
また、糖尿病領域経験もなりと、例えばノボノルディスク社なども見込み薄になりますね、、、。
MR
新卒から大手外資製薬メーカー1社でコツコツ経験してきたものの、転職でこれほど評価されないとは思っていなかったです、、、。

 

コントラクトMRへの転職を考えて場合
MR
コントラクトMRへの転職を考えた場合はどうでしょうか?
コントラクトMRであったとしても、派遣先(プロジェクト)がスペシャリティ経験や糖尿病領域経験を求めて来ることが多いです。
そのため、同領域経験がないとそもそもそのような派遣先(プロジェクト)には行けないことになります。
MR
き、厳しいですね、、、。
やはり、コントラクトMRであっても、
・糖尿病領域経験
・オンコロジー領域経験
・スペシャリティ領域経験
がある方が有利ではあります。
特に、糖尿病領域経験があることは最近の傾向として強みになりますね。
ただし、コントラクトMRの場合、最初の派遣先(プロジェクト)はスペシャリティ領域を経験できないとしても、次の2年後の2つ目の派遣先(プロジェクト)においてスペシャリティ領域を経験出来る可能性もあります。
MR
確かに、友人のコントラクトMRの方で、オンコロジー領域を担当していたり、CNS領域専任MRとして派遣されている方がいますね。
急がば回れ、というようにコントラクトMRからスペシャリティ領域や大学・基幹病院担当経験を経てキャリアアップをする可能性に賭けてみることも手段の一つですね。
MR
現職にこのまま在籍し続けても、大学病院担当者になるのはまだ先でしょうし、その頃には30代後半になっていそうです。
それであれば、可能性に賭けてみるのも一つですね。

 

このように、プライマリー領域経験のみ方で、開業医・中小病院担当のみの方は、

今の転職市場では予想以上に苦戦すると思われます。

本人としては、大手外資製薬メーカー1社に新卒から勤務していることもあり、

しかもまだ30歳という若さであれば、MR転職市場が厳しい厳しいと言えど、

自分はどうにかなるだろうと思っていたはず。

 

しかし、今のMR転職市場で求められるのは、即戦力MR。

領域経験者か大学病院担当経験者などのハイスペックMRのみ。

今のMR転職市場での自分の価値を正しく把握して転職活動を実践して下さい。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」