挑戦的な転職は条件ダウンを覚悟 だって未経験なんでしょ。

 

領域未経験からオンコロジー領域にチャレンジしたい!

こういう声はほぼ毎日と言っても過言でないくらい、

転職希望の方々から耳にします。

 

領域未経験だけど勤務地も叶えたい?!

MR
オンコロジー領域は未経験なのですが、次のキャリアとしてオンコロジー領域へチャレンジしたいと思っています!
オンコロジーMR(領域未経験可)の求人はありますか?
オンコロジーMR(領域未経験可)の求人は本当に希少求人です。
しかし、今なら1社、求人がありますのでトライしてみますか?
MR
応募してみたいです!
MR
ところで、現在は、首都圏エリアで勤務しているので、出来れば勤務地もそのまま首都圏エリアを希望したいと思います。
最悪、北関東エリアでもいいのですが…。
それは、難しいですね。難しいというよりも無理でしょう。
勤務地は全国可能でないと書類選考段階でNGになりますよ。
領域未経験にも関わらず、オンコロジー領域にチャレンジさせて貰えるだけでも有難いという感覚でないとです。
勤務地も叶えて!というのは、虫がいい話になってしまいます。
MR
そ、そうですか、、、。
勤務地はやっぱり首都圏がいいのですが、、、。
それであれば、領域未経験からのオンコロジー挑戦は諦めた方が良いです。
勤務地を優先したいのであれば今のままで居た方が良いです。

 

年収アップ…?!どの立場で物を言っているのやら。。

MR
では、年収アップも難しいでしょうか?
では、伺いますが。
相手企業からすると、あなたを現年収からアップさせて採るメリットはどこにあるのでしょうか?
領域経験者なら別でしょうが。領域未経験のあなたを研修して、現場に出して、活躍するかどうかも分からないにも関わらず、年収アップで雇いたいと思うでしょうか?
MR
そ、それはわかるのですが、、、。
やはり、勤務地も叶わず、年収もアップしない転職はちょっと、、、。
何か勘違いされているようですが。
「領域未経験からオンコロジー領域にチャレンジできる」という一番大事な事が叶っていますよね。
それを忘れてはいけません。
領域という第1優先順位の事項が叶うため、勤務地や年収はダウンも辞さないというスタンスが必要です。
その謙虚なスタンスがないならば、現職ステイが良いですし、仮に応募しても面接で不合格になると思います。
MR
もう一度、よく考えてみます、、、。

 

挑戦的な転職は条件ダウンを覚悟 だって未経験なんでしょ。

MR経験はあるものの、領域の経験はないのです。

ということは即戦力ではないのです。

転職先企業から見れば、活躍するか分からないあなたを採用するのです。

それこそ活躍は未知数でリスク大です。

 

例えば、サッカー選手を例にしてみると、

DF(ディフェンダー)の経験は十分ある選手が、

「俺、FW(フォワード)で点決めて、活躍してみたいです。

今のチームではポジションを変えてもらえないので、移籍してFWになろうと思います。

せっかく移籍するのだから、年俸アップもしたいですね!」

と言っているのと同じです。

 

何かに挑戦するときは、リスクが付き物であり、

そのリスクテークをするからこそチャレンジなのです。

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」