転職しても給与が上がると思うなかれ




 

転職したら、

・今より給与が上がる!

・希望の勤務地が叶う!

・希望の領域が叶う!

と(勝手に)思ってはいませんか?!

 

一昔前であれば、「転職=給与UP」の認識がありましたが、

ここ数年ではこの認識は根本から覆っています。

転職すれば年収が上がるという時代はもはや終焉。

 

よくて現職同等スライド、下手すれば大幅ダウンも
最近は、内定してもオファー額は辛いので、心づもりをしていて下さい。
MR
と言っても、実際にはそこまでではないですよね?!
内定は出たのですが…、オファー提示額が…。
希望額とは予想以上の乖離が生じてしまっています。
MR
こ、これは、、、。
現職より140万円近く下がっていますよね。確かに現職が高いというのはありますが、ひどくないですか?
先方としては、今のMR転職市場や社内規定に照らした場合、それが妥当との判断です。
この提示が難しいのであれば、先方としても無理に来て頂かなくてもという事ですね…。
MR
さすがにこれは予想していませんでした。
下がると言っても、正直、スライドかややアップするかなぁと内心思っていた自分がいます。

 

買い手市場全開。MRにかけるコストは削減へ。
MRの転職市場ではMRの価値は相当に値崩れしており、年収UPはほぼ見込めなくなっています。
最近の例では、
・希望額(780万円)→  提示額(640万円)
・希望額(650万円)→  提示額(660万円)
・希望額(570万円)→  提示額(500万円)
など非常に辛い提示が続いています。
ヘッドハンティングをしたい位の優秀な方を除き、
・今の勤務地から希望勤務地を叶えたい。
・今の領域から希望領域に携わりたい。
・今の上司や周囲の環境を変えたい。
・今の会社に居られない何らかの事情がある。
というネガティブ要因があるから転職してるんでしょ?!という観点から、だったら贅沢言わないように。
しかも、MRはもう余剰人員であり、他を探せば貴方の他に代わりはいるはず。
というのが辛い年収提示に繋がっている理由です。
MR
オンコロジーや専門領域経験者でもこのような辛い提示なのですか?
年収に関しては、スライドか微増と言ったところでしょうか。
年収UPの提示が出来ない分、勤務地を叶えてあげる等の配慮がある場合が多いです。
MR
なるほど、年収の代わりに勤務地条件で相殺する訳ですね。
本当にもうMR転職市場は厳しいのだと改めて痛感しました、、、。

 

今の時代、「転職=年収UP」の構造はもはや崩壊しています。

「転職=よくて年収スライド、下手すればダウン」と考えておくことです。

・今の勤務地から希望勤務地を叶えたい。
・今の領域から希望領域に携わりたい。
・今の上司や周囲の環境を変えたい。
・今の会社に居られない何らかの事情がある。

上記の現状を打破できるのであれば、年収ダウンも致し方ないと思うようにして下さい。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」