各CSO企業の日当、住宅補助ってどうなってるの?




 

本日は、お役立ちブログ。

各CSO企業の日当、住宅補助などの福利厚生について記載させて頂きます。

 

コントラクトMR関連についての質問で多いのがこの質問。

日当について
人事
各CSO企業で日当って違うのですか?
MR
シミック社はいくらですか?アポプラス社はいくらですか?
では上位CSO企業の日当について記載させて頂きます!
・クインタイルズ社:1,500円
・シミック・アッシュフィールド社:2,700円
・アポプラスステーション社:3,000円
・インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン社:3,000円
・ACメディカル社:3,000円
・EPファーマライン社:営業手当として給与込み
MR
EPファーマライン社のように営業手当の場合、課税対象になってしまいますよね…。
MR
1,500円〜3,000円まで意外と幅があるのですね。知らなかったです。
年間ベースで計算すると、各社において30万程度の違いが出てくると思います。
また、非課税の日当と課税対象の営業手当でも差がありますよね。

 

 

次に、住宅補助(借上社宅)制度について見てみましょう!

住宅補助(借上社宅)制度について
人事
住宅補助制度についても各CSO企業によって違いがありますか?
MR
賃料は一番負担が大きいので、気になっています…。
では上位CSO企業の住宅補助について記載させて頂きます!
【単身の場合】
・クインタイルズ社:5,000円〜10,000円/月額(地域手当)
・シミック・アッシュフィールド社:7万円〜10万円の8割補助
・アポプラスステーション社:2万円〜4万円/月額
・インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン社:無し
・ACメディカル社:月額家賃の3割〜4割(上限4万円)
・EPファーマライン社:2万〜3万円/月額
MR
住宅補助についても、かなり各CSO企業によって差があるのですね。
補助額の手厚さで言えば、やはりシミック社です。
例えば、東京23区でしたら、10万円の8割で月額8万円、年額96万円の補助になります!しかも、家族有りの場合、12万〜17万円の8割補助になりますので、これは相当大きいですね。
MR
私の場合、妻と子ども2人いますので、住宅補助額の大小は正直気になります。
シミック社にて家族ある方が東京都23区内勤務の場合、
理論年収700万円+日当2,700円(年額50万円〜60万円)+住宅17万円の8割補助(年額約160万円)。
総額で900万超えということになりますね!

 

もちろん、日当や住宅補助の大小が企業の優良の差を分ける訳ではありません。

また、持ち家の場合には、住宅補助が適用されませんので、

そういうケースの方の場合、住宅補助の大小は気にならないという方もおられます。

 

同じプロジェクトに派遣され配属されるとした場合、

いずれのCSO企業から行くのが得策か、福利厚生的なメリットが大きいのか、

これは上記を少し参考にして頂けますと幸いです。

 

また、CSO企業2社から内定条件を提示されたという場合、

各企業にて年収計算の構造が違うため、少し分かりづらいのですが、

日当、住宅補助を除いたベース年収がいくらなのか?を基準に考えるといいでしょう。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」