うつ、メンタルで休職の場合、職務経歴書にはどう書くか?




 

今回は、テーマとしてはやや難しいものです。

「うつ、メンタルで休職の場合、職務経歴書にはどう書くか?」

これは非常に難しい問題と言いますか、悩ましい問題の一つです。

実際、これまで10年間の転職相談の中でも、
意外と多くの方からこの種の質問を受けたことがあります。

 

休職期間を職務経歴書に記載した場合、、、
MR
あ、あのー、、、過去に休職した期間があるのですが。
職務経歴書に休職期間をどのように記載すべきか迷っているのですが、、、。
例えば、シンプルに、
2010年1月〜2010年6月:休職期間(◯◯◯の療養)
などと記載するのが通常です。
MR
正直に書いた場合、転職で不利になる可能性はありますか?
実際には、、、
不利にしか働かないでしょう、、、。

休職期間の理由が、大病を患っ手の手術・療養期間であれば別ですが、

やはりメンタル系の場合、転職の際には不利に扱われます。

 

医師の診断書(現在は服薬していない)
私の経験則上では、メンタル系の休職期間があっても転職出来たケースは過去1例だけです。
MR
それはどのようなケースでしょうか?
医師の診断書を添付し、
・現在は、お薬をなんら服薬していないということ
・現在は、最後に服薬してから◯ヶ月を経過しているということ
・現在は、車の運転など普段の業務に従事して問題ないということ
これらを証明出来たケースです。
MR
なるほど、、、これらをクリアにする必要があるのですね。
ただし、このケースの場合、人事の方の度量が広く、現在問題がないのであればOKという見解を示して頂けたというのが大きいです。
MR
やはり、一般的にはこういうケースで転職は難しそうですね、、、。

 

では、

「20年前に一度休職期間があってもダメなのか?」などと問われると、

その後問題なく今まで業務に従事されていればOKのようにも思いますが、

こればかりは人事判断になり、なんとも言いづらいところです。

ただ、人事的な面では、そのような過去歴があるということ自体をネガティヴに捉えて評価し、結果的には総合判断でNGになる可能性があります。

 

また、最近では、下記のような事前申告書を応募時に求める企業もあり、

書類選考の段階で、過去の既往歴、休職歴ある方はNGになる可能性があります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

休職期間を申告しなければ、

職務経歴の詐称に該当しますし。

休職期間を申告すれば、

それを加味されNGになる可能性が大。

いずれの場合でも、転職の際には不利に扱われると言えます。

 

この問題は、個々の休職理由その原因休職期間の長短にもより、

一概に休職期間があるからどうだとは言い切れない面があります。

いずれにしても、悩ましい問題であり、エージェントの立場としては、

応募者からその休職期間の状況、程度、期間等をヒアリングし、

それを企業側に真摯に説明することが求められます。

その上で、企業側がその事実をどのように判断するかに掛かってきますね。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」