領域経験がないと受からない?!

 

本日は、「領域経験の優位性」についてです。

内容的には、「MR転職では、領域経験の優位性が顕著である」という話。

転職相談の例を挙げて、少し具体的に見てみましょう。

 

メーカー1社の経歴だが、領域経験がないと厳しい査定

MR
数社に書類応募も全然書類通過すらせず困っています、、、。
ご経歴を伺った限りでは、1社経験でMR経験5年あり、悪くないですね。
MR
なぜ受からないのでしょうか、、、?
書類くらいは通るかなぁと思っていたのですが。
うーん、おそらくですが。
経験領域の親和性がないからだと思われます。
例えば、各求人にはこのような尚可要件がありますよね。
・糖尿病領域MR求人:糖尿病領域経験者尚可
・免疫領域MR求人:免疫領域経験者尚可
・オンコロジー未経験可求人:オンコロジー領域経験者尚可
MR
尚可要件ではあるものの、実質はこの領域経験が必要ということですか…。

 

実際は、領域経験が必要になって来ている。

今のMR転職市場を見ると、実質的には、求められる領域経験がないと書類選考すら厳しくなっています。
MR
確かに、、、私は糖尿病領域経験がないのですが、某社の糖尿病領域MRの求人は書類選考で不合格になってしまいましたね。
オンコロジー未経験可と言っても、結果的には、1年でもオンコロジー領域経験があれば受かっていたりしており、明らかに領域経験者優遇の傾向があります。
MR
尚可要件となっていても、実質的にはほぼ必須要件に近くなっているという事ですね。

 

内資中堅製薬メーカーの方は転職苦戦

あと、内資中堅製薬メーカーの方は転職が難しくなっていますね。
特に、糖尿病領域経験がない場合、非常に厳しいと言えます。
MR
例えば、どのような方でしょうか?
例えばですが、
・K社(整形領域など)
・K社(循環器領域など)
・K社(呼吸器領域など)
・H社(整形領域など)
・N社(泌尿器領域など)
・T社(循環器領域など)
・Z社(消化器領域など)
MR
私もこの中の1社の人間です、、、。
内資中堅製薬メーカーの場合、エリア制を敷いている企業では、若くして大学、基幹病院を担当している方もいらっしゃるのですが、それが実力を伴っているか少し懐疑的にも見られがちです。
また、循環器や泌尿器、整形領域経験者を募集しているMR求人が今の時代では少なく、領域的親和性がないため需要が低くなってもいます。
MR
領域の経験、、、これが鍵になるのですね。
ちょっと転職苦戦しそうです、、、。

 

このように、実質的には、領域経験がないと書類選考すら難しいという場合が多くなっています。

領域経験は、もはや尚可要件ではなく、必須要件に近くもなっています。

今後の転職活動の際には、これまでの領域経験をフルに活かせるかどうか、

これを一つの基準にして見ると良いでしょう。

それにしてもMR転職市場は厳しくなって来ています。

MRの求人をお探しなら「MR BiZ」
MR転職

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」