CRA(モニター)からMRに戻りたい…①




MRからCRA(臨床開発モニター)へ転職される方も多いと思います。

しかし、MRからCRAへ転職した方々からの

“やっぱりMRに戻りたい…。”

という相談が多いのも事実です。

今回のケーススタディは、

MRからCRAに転職し、再度MRへの復帰を目指す方を例に見て行きましょう。

 

28歳・MR5年→CRA1年・都内勤務(現職CRO所属)
MR
製薬メーカーでMRを5年勤め、1年前にCRAに転職して今に至ります。
今回は、MRへの復帰をお考えとのこと。
せっかくCRAに転職したばかりですがよいのですか?
MR
そ、そうなんです、、、。
まだ1年少しですが、やはりMRに戻りたいと考えています、、、。
MRからCRAに転職された方で、MRに復職したいという方も多いですからね。。。

このように、MR経験を3年〜5年を積んだ後にCRAに転職したものの、

その後1年〜2年以内に再度MRに戻りたい…という方が多いのも事実。

では、その原因は何のでしょうか?

 

MRに戻りたい理由は主に3つ
MR
MRに戻りたい理由としては、主に3つです。
①CRAの仕事に馴染めない(MRの方が向いている)。
②MRと比べて給料が低い。
③女性が長く働けるのか疑問。

 

①CRAの仕事に馴染めない(MRの方が向いている)。
①のCRAという仕事への適性を理由に挙げる方も多いですね。
外向的なMRという仕事に比べ、事務仕事的な内勤業務が増えますので。
朝から晩までオフィスの中で一日中書類仕事というのは、MRの方にとっては苦痛かも知れませんね。
MR
一日中オフィスでの書類仕事は、息が詰まります、、、。
多くの人と触れ合うMRの方が私には合っていると改めて思いました。
特に、MRとして活躍されていた方や、MRという仕事が好きだったという方は、元来社交的・外向的なタイプですので、合わない方が多いですね。。。

 

MRと比較して給料が低い。
MR
あとは、やはりお給料ですね、、、。
上記①の理由とともに、給料の問題が大きいですよね。
MR
実際、今のお給料は、“430万円+出張手当”となっており、MR時代と比べて随分ダウンしてしまいました、、、。
ちなみに、MR時代は“600万円+日当+住宅補助”でした。
実質、250万円〜300万円はダウンしていますね。
今はお住いはどうされているのですか?
MR
今は実家暮らしです。
一人暮らしをしたいのですが、今は住宅補助制度がないので、無理です。
人事
実家暮らしか、結婚して家の負担が少なくないと無理ですよね?!
MR時代の福利厚生がなくなると、都内で400万円+αで暮らすのは想像以上に収入ダウンだと思います。
手取り額も25〜26万円になるでしょうし、、、。
MR
やはりMRに戻りたいです!

 

③女性が長く働くことが出来るか疑問。
MR
最後に、女性がこの仕事で長く働くことが出来るのか疑問です。
それはどのような点でしょうか?
MR
例えば、子供が小さいと、遠方の担当施設を持てないという点や宿泊を伴う出張も難しいという点です。
時短や内勤(QC、QA)などの職種へ配置転換も可能と聞いていたのですが、実際には、そのポジションはママさんモニターで既に埋まっています。
モニター職の場合、女性比率が8割近く、同じような境遇の方が多く、内勤職も椅子取りゲームの状態だとは耳にします。。。
MR
共働きの場合、宿泊を伴う遠方施設も担当しづらいですし、アポイント制のため子供の急な病気等に対応出来るのかも不安です。
それであれば、ご自宅通勤圏内の開業医担当のMRの方が、良いでしょうね。
お子様の急な病変にも対応出来るでしょうし、開業医担当であればそこまでアポイント制でもないでしょうから。
MR
私もそう思いますね!

 

このように、MRからCRAへとキャリアチェンジされた方で、

①〜③の理由が合わさり、やはりMRに戻りたいという方がいらっしゃいます。

職種、勤務地、お金、やりがい…、何を優先するかでキャリア形成が異なってきます。

次回は、この方が、どのような道を選ばれたのかを見て行きたいと思います。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」