40代MRのキャリア考察 −転職すべきか?!−

 

40代のMRキャリアについてですが、

一番迷うのがこの年代のような気がしています。

40代の方からは下記のような相談をよく受けています。

 

今の会社に留まるのか、転職するのか?!

MR
今の会社のパイプラインや将来性には不安があります…。
ですので、転職を視野に入れているのですが、どう思われますか。
転職するのか、現職に留まるのか悩みどころですね。
ただし、その前に現実的な問題として転職出来るかがあります。
MR
やはり40代ですと、転職も難しいでしょうか?
そうですね、40代となると、転職先は非常に少なくなります。
あることはありますが、、、
皆さんが、満足行く転職先かどうかは微妙だと思います。

 

40代MRの転職は現実的には厳しい冬の時代

まず製薬メーカーへの転職は非常に難しくなります。
MR
でも、私は、40代と言ってもまだ43歳ですので。
しかも新卒から1社で転職歴もなく、経歴としては綺麗だと思います。
プライマリー領域ですが、開業医から基幹/大学病院担当もしています。
・・・。43歳ですかぁ、、、。
今の転職市場では、35歳までが一般的な上限ラインになっています。
MR
やはり、43歳では難しいでしょうか。。。
特に、プライマリー領域だけの経験しかないと・・・。
いくら大学/基幹病院担当経験があったとしても難しいですね。

 

40代(前半)で転職出来るのは専門領域MRの方

 
40代と言っても、40代前半(40歳〜42歳)に限られるでしょうが。それでも転職が叶っている方は、専門領域の経験が長い方ですね。
MR
専門領域というと、やはりオンコロジーですか?
そうですね、オンコロジーや中枢神経、免疫領域などですね。
その領域の経験を活かして、同じ領域での転職が叶っています。
【転職例】
・オンコロジー領域 → オンコロジー領域の他社へ
・中枢神経領域 → 中枢神経領域の他社へ
・免疫領域 → 免疫領域の他社へ
といった具合にこれまでの経験を活かした転職になります。
MR
これまでの経験値を活かした即戦力としての転職に限定されるということですね。

 

このように、40代の転職となると、非常に選択肢が限られることになります。

現職への不満や不安を抱えつつも留まるべきなのか、

それとも、

リスクを承知で転職という新たな道を見つけて行くべきなのか。

思案のしどころです。

40代の転職は慎重にかつ現実的に行って下さい。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」