転職後すぐ免停になってしまったら・・・




 

昨日の「運転免許違反には要注意!−違反は3点まで−」に続き、

本日も運転免許に関するお話です。

これまでは、転職の際には、“運転免許の違反点数に注意しましょう!”という話でしたが。

今回は、“転職後すぐに”免停になってしまったら…という話です。

 

転職後すぐに免停になったしまった場合
MR
転職後すぐに、免停処分になってしまったのですが…。
え・・・(絶句)
MR
転職前は違反に気を付けていたのですが、、、。
入社後製品研修中にスピード違反で一発免停になってしまいました。
それで、どうなったのですか…?
MR
転職したばかりでこういう事態を犯してしまい…。
結果的には、その後自主退職させて頂くという流れになりました…。
MR
そ、それで、、、またすぐに転職活動を再開しています、、、。
会社との関係性について
免停処分の内容や違反の時期によって、会社からの処分内容に差が出ると思われます。

 

転職直前の違反通知が、転職後に届いた場合
MR
転職前に高速道路でオービスに引っ掛かり、、、。
その違反通知が転職後に届き、免停処分になってしまいました、、、。
MR
薄々、オービスで撮られたのは気付いていたのですが。
え・・・(絶句)
それで、どうなったのですか…?
MR
面接時の運転免許状況と異なることもあり、
会社と話し合った結果、自主退職させて頂きました。。。
会社との関係性について
免停処分の内容や違反の時期によって、会社からの処分内容に差が出ると思われます。

 

このように、交通違反を犯したせいで、

せっかく苦労して手にした転職先を棒に振ってしまうことになります。

さらに、新天地を短期で退職したことにより、再度転職活動を開始せねばなりません。

再就職の際は、MR職以外で探す他ない。
MR
それで、、、また転職活動をしているのですが、何か求人はありますか?
残念ながら、MRとしての転職は厳しいですね。。。
MR以外の職種で探す他ないですね。

MRとしての転職の道は絶たれ、MR以外の道で転職先を探さねばなりません。

自らの不注意で犯した交通違反から、
MRとしての道さえ閉ざされることになり兼ねません。

MRは運転が大前提のお仕事、運転免許は大事な商売道具の一つです。

それを肝に銘じて無事故無違反を心掛けて下さい。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」