MR転職市場における20代MR・年収相場

 

前回(MR転職市場における世代別・適正年収は?!)の続きです。

今回は20代MRの方の転職市場における年収相場を見てみましょう。

 

20代MRの転職年収相場

①25歳の場合(MR経験3年・実質2年)

25歳の方の場合、まだMR経験3年ですので、そこまで現年収も高くはなく、
おおよそ450万円〜500万+福利厚生の間の年収の方が多いと言えます。

MR
現職が480万+日当+住宅手当ですが、転職したら上がりますか?
うーん、大きく上がることはないでしょう。
ほぼスライドか20万上がって500万+福利厚生ではないでしょうか。

やはりまだ3年足らずのMR経験、実質フィールドに出てから2年半となると、
転職して年収を上げられるだけの実績がまだないですね。

MR
そうですね、年収よりも将来性ややりたい領域を第一に考えます!
そうして下さい!

 

②28歳の場合(MR経験5年程度)

28歳となると、MR経験としては約5年となり、一番の転職市場で売れ線となります。

特に、大学病院ないし基幹病院を担当している方や、専門領域担当の場合には、
転職市場では引く手あまたの状態です。

この年齢になると、各製薬メーカーにおいて、給与の差が出始めている年齢であり、
中堅内資製薬メーカーの方は外資製薬メーカーに比べ、給与が低く不満が募る頃です。

MR
中堅内資に所属しているのですが、年収を上げたくて…
今はどれくらいですか?
MR
550万円+日当+住宅補助です。
30代、40代の方を見ていてもあまりウチは給与が上がらないようで・・・。
外資であれば、もう少し上がると思いますよ!ただし、
最近はそこまで給与UPはありませんので、過度な期待はしないで下さいね。

 

28歳、29歳の方であれば、600万円がベース給与というのが目安です。

勿論、年収レンジが高い企業や、ご自身の等級が上の方であれば、
600万半ば〜700万の方もいらっしゃると思います。

ただし、最近のMR転職市場では、
転職してもほぼ年収が上がらないケースも出てきています。

また別の機会に述べたいと思いますが、
むしろほぼ上がらない傾向にあるとさえ言えますね。。。

一方で、企業によっては、日当や住宅補助が込み込みで年収提示される企業もあり、
そういう場合には、若くしても、丸っと1,000万円なんて話も聞きます。
これは某G社に転職された方からよく耳にします。

あまり目先のお金に惑わされず、転職活動をして下さい。
MR
ついついお金に目がいってしまいますね・・・。
目先のお金よりも、その企業の将来性や、パイプライン。
ご自身の将来性ややりたい事が成し遂げられるのかを見た方が良いです!
MR
分かりました!!
でもやっぱりお金は気になりますね(苦笑)。

 

確かに、年収(お金)は非常に大事な要素です。

ただし、目先の年収UPに目がくらむとロクな事はないです。

結構、これで転職失敗してきた方をこれまで見てきました。。。

 

もし転職活動中に迷ってしまったら、

今回の転職では、原点に帰って、

「そもそも何のために自分は転職するのか」

を見つめ直すようにして下さい。

 

今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」