50代MRのキャリアを考える −早期退職編②−




 

前回に引き続き「50代以上のキャリア」についてです。

早期退職の50代以上のキャリアはどうなるのか???

 

コントラクトMRになる

もっとも多いケースは、コントラクトMRになるパターンです。

50代の方の中には、

MR
コントラクトMRならいつでもなれるだろう。

と考えている方も多いのではないでしょうか。

甘いです!!!!
コントラクトMRととはいえ、50代の需要は少ないのが実情です!!

 

では、運よく、コントラクトMRとしての再スタートを切れたとします。

その後は、どうなるのでしょうか?

60歳までコントラクトMRとして、継続して勤務が可能なのでしょうか?

MR
コントラクトMRとして60歳まで継続雇用されるのでしょうか…?
実際のところが気になります…。
現実的に考えて、継続雇用は難しいと思われます。

その継続雇用が難しい理由としては、

①50代の方の雇用は契約社員雇用であること。

②50代の方を受け入れ可能なプロジェクトが少ないこと。

その結果として、

・52歳で製薬メーカーを早期退職。
   ↓
・53歳でコントラクトMRとして契約社員雇用へ。
   ↓
・2年間のプロジェクト配属を経て、契約終了。
   ↓
・次の該当プロジェクトはなく、そのまま離職。
   ↓
・転職活動スタート。
   ↓
・別のCSO企業のコントラクトMRとして勤務???

 

上記の流れが、早期退職後の50代の現実的キャリアです。

このように、仮に、早期退職後、コントラクトMRになることが出来たとしても、

その2年後には再度転職活動を余儀なくされる方が多いのです。

良くて4年。

4年も持てば御の字ではないでしょうか。

50代になってから、60歳まで食い繋ぐのはなかなか難しいのが現実。

 

希望のない話をしてしまいましたが、敢えて現実的な話をさせて頂きました。

この現実を踏まえて、50代の方には60歳までのキャリア形成について、

しっかりと考えて頂きたいと思っております。

 

なお、今後のキャリアにお困りの際には、下記をご利用下さい。
icon-pencil 個別サポート講座:「キャリア相談コース」